Qペット-猫・犬たちの「おもしろ・かわいい・癒し」動画

可愛くてキュートな動物たちの「おもしろ・かわいい・癒し」動画を紹介します。猫ちゃん、ワンちゃんたちに心癒されてください。

*

猫を飼い始める「初日」どうしたらいい?

   

猫を飼いたいと考えている人は多いと思います。最近は、ペットブームで、ペットを新しく飼い始める方は少なくありません。

そこで、猫を飼い始める初日にはどのようなことを準備すればよいのでしょうか。今回は準備するべきことや、また心構えなどをご紹介します。

猫を飼い始める初日の心構え、準備、配慮しておくべきこと

猫を飼い始めるためには、まずは準備が必要となります。猫には、飼育のための道具を揃えることも大切ですが、猫の安全を守るために対策と言う小物が必要となります。

例えば、部屋の物を片づけておくということが大切です。アクセサリーや裁縫道具、箸や薬などといったものは、猫のおもちゃとなってしまいます。

じゃれても危険のないものであればよいですが、誤飲してしまう場合もありますし、猫のケガになることもありますので、これらは片づけておくようにしましょう。

また、ビニール袋、リボンといったものも首に絡んでしまうこともあるため危険となります。そして、お風呂場なども事故が起こりやすい場所となっていますので、注意しましょう。

猫の気持ちを知ろう!

猫は人間と同様に、初めて家に来た際にはとても怖がっていることが多いです。

どんな人が住んでいるのか、自分がどうなっているのか、何もわからず不安になっていることがほとんどです。そのため、初日は猫はソファーの下や、椅子の下に隠れてしまい、出てこなかったり、ずっと鳴き続けていたりするケースもあります。

しかし、これは正常なことですから、それほど気にしないようにしましょう。

猫はとても不安な気持ちですので、最初の2、3日は長い時間家を空けることのないように気をつけてください。

トイレを置く場所はどこがいい?

トイレを使用しているときは、猫にとって無防備な瞬間となっていますので、トイレは部屋の隅、または家具の陰などの安心して落ち着くことができる場所に置くようにしましょう。

また、猫にとってトイレをしているときは、落ち着きたいときなので、大きな音をたてたり、呼びかけたりしないように無関心を装っておきましょう。

トイレに入っているときに驚かされてしまうと、猫は安心してトイレを使うことが出来なくなり、他の所で用を足してしまうことがあります。

生まれて間もない子猫の場合は、猫が分かりやすい場所に数か所置いておくことが必要です。子猫はトイレの回数が多いこともありますし、遊びに夢中な場合トイレが間に合わなかったりするからです。

いつでも使えるトイレは、猫がいる近くに用意してあげるようにしてください。一気に動かしたり、分からないようにしたりするのは、やめましょう。

広いお宅の場合や、いろんな階に猫が行ける場合にはいくつかの場所に猫トイレを設置するといいです。

ご飯をあげる回数と量について

猫は元来少しずつ何回にも分けて食べる性質がありますが、人と一緒に生活しているとそういったことはできませんので、大人の猫の場合であれば、朝と晩の2回に分けて与えると良いでしょう。

1日1食にすると空腹によりご飯の時間になると急いで食べてしまい、吐いてしまったりするからです。ただし、2回に分けて与える場合も、食事と食事の間隔があまりにも空いていると、その分を体が蓄えようとして肥満の原因となります。時間を空けすぎないように注意しましょう。

自分のペースで食事をする猫の場合は、あらかじめ容器に一定量のご飯を入れておき、お腹が空いたときに食べられるようにしておくのも良いでしょう。もし、この方法でご飯をあげる場合は、傷みにくいドライフードが最適です。

子猫の場合は一回に食べられる量が少ないため、一日のご飯回数を多くしてあげてください。猫が成長し、大きくなるにつれて必要な栄養も増えていきますので、様子をみながら都度調整していきましょう。

猫が寝る場所について

猫は部屋の隅っこや、ソファーの上などの落ち着いたところで寝たい生き物となっています。

そのため、隅っこで寝ていることが多いため、間違って踏んでしまったり、あるいは気づかずにいるということは避けるようにしましょう。

月日が経つうちに寝場所は自然と落ち着いていきますので、初めのうちは様子をみてください。広い部屋の場合、猫が行っては困る場所などあるのであれば、部屋を閉め切っておくことで万が一の事故は防げます。

このようにして徐々に猫との生活に慣れていってください。

 - 動物の知識, 動物の飼い方,