Qペット-猫・犬たちの「おもしろ・かわいい・癒し」動画

可愛くてキュートな動物たちの「おもしろ・かわいい・癒し」動画を紹介します。猫ちゃん、ワンちゃんたちに心癒されてください。

*

飼う前に確かめるべきこと!~猫アレルギー~

   

現代はアレルギーを持っている人は大変多く、悩まされている子どもや大人たちはたくさんいます。

アレルギーですと、食べ物でも制限されてしまうので好きなものを食べられずに大変辛い思いをしてしまいます。

その中には、猫アレルギーを持っている人も多くいて、猫アレルギーになると動物を好き嫌い関係なく猫を飼うことも出来ませんし、触ることも出来ません。

そこで、今猫を飼おうか悩んでいる方に向けて、猫アレルギーについて詳しく説明します。

猫アレルギーが引き起こされる原因、メカニズム

まず、猫アレルギーが起こる原因は「Fel d 1」というたんぱく質で、猫の唾液に含まれており、毛繕いによって体の表面のいたるところに付着しています。

そのたんぱく質がどのようにしてアレルギー症状を誘発されるかが分かっています。

それは、猫のりんせつ、皮膚や毛から剥がれ落ちた角質から見つかるたんぱく質がありふれたバクテリアの一種と接触すると、人間にアレルギー反応を誘発する可能性があると言われています。

猫アレルギーの症状

猫アレルギーの症状は人それぞれ異なり、症状として一番多いのは、くしゃみ、鼻水や目のかゆみが出てきて、目が赤くなったり、喉が痛くなったりします。

これは花粉症などでも良く起こる症状となりますので、アレルギーの人が起こるよくある症状です。

そして、重度の場合は皮膚のかゆみや腫れ、場合によっては呼吸困難などの症状が出ることがあります。他にも胸を締め付けるような感覚、唇の荒れ、喘息のような咳き込みもあります。

重度から軽度のものまでありますが、軽度の症状だからと安心していたら、どんどんひどくなってしまったという人もいますので、軽度の症状だからといって軽くみないで、アレルギー症状が出た場合は気をつけてることが大切です。

猫アレルギーの事前チェック

猫を飼いたい場合は、アレルギーをあらかじめ調べておくことをオススメします。

何故なら、猫を飼ってからアレルギーに気づき、家で飼うことが出来なくなってしまい、捨ててしまうというケースが後を絶たないからです。なかには飼い主が見つかる場合もありますが、見つからなかいときは、その猫は殺処分になってしまうのです。

それでは猫が可哀想ですので、特に猫を飼いたいと考えている人はあらかじめ猫アレルギーチェックをしておくと良いでしょう。

チェックの仕方は、猫と実際に接触して確かめる方法があります。しかし、一瞬だけではアレルギー反応が出ないこともありますので、最低でも数ヶ月かけて10回は接触すると良いでしょう。

そのためには猫カフェなどを利用するというのが一番良い方法です。

他にも病院でのRAST検査というものがあります。少量の血液で簡単にアレルギーチェックが出来ますので、病院で検査をした方が手っ取り早く知ることが可能です。また、小さい子どもでも比較的簡単に出来ますので、病院での検査もオススメの方法です。

ただし、保険は利きませんので注意してください。

猫アレルギーでも飼える? やはり諦めないとダメ?

では、自分や家族がアレルギーなら猫を飼うことが出来ないかというと、必ずしもそうではありません。アレルギーを軽減させる方法もありますので、少し手間がかかりますが飼えないこともないのです。

例えば、家の中の掃除を小まめにしてアレルゲンを徹底的に取り除くことです。床や壁や天井までしっかり掃除をしましょう。

また、寝室には猫を極力入れないようにしたり、空気清浄機を用意したりすればある程度軽減することが出来ます。お掃除が好きな人にはそこまで苦ではないことかと思いますので、しっかりお掃除をすることでアレルギーを軽減させることが可能です。

また、猫の体を清潔にすることも効果的です。基本はブラッシングですが、週に1~2回お風呂に入れてあげることで少しでも軽減することが出来ます。

他にもアレルゲン分泌の少ない猫を選んで飼うと良いでしょう。自分の好きな種類は飼えないかもしれませんが、猫自体をどうしても飼いたいという人にはオススメです。

 - 動物の知識, 動物の飼い方,